りょすけのあきないブログ

小説・漫画の情報を主軸に、日常の出来事を面白く書いていきます。

ダンベル何キロ持てる?|これぞ新・筋トレメゾット



 f:id:kda2598:20181120165537j:plain

最近、寒さで布団から出るのが億劫ですね。

こういう時はあったかい鍋でも…

 

~年明け頃~

 

「また太っちゃったよ。正月太りw」

なんて経験皆さんもありますか?

 

どうも!あきないブログのりょすけです。

 

今回のオススメするのは「ダンベル何キロ持てる?」になります。私の周りでもあまり知られていない漫画ですが、皆さんご存知ですか?

 

表紙の女の子の絵を見て敬遠してしまう方もいるかと思いますが、実はとても魅力が詰まった作品になります。男性の方はもちろん女性の方にもおすすめしたい理由がありますので、どうぞ最後まで見ていってください。

 

※なお、毎度のことながらネタバレを多少含む可能性がございますので、ご了承ください。

 

 

基本情報

作品名:「ダンベル何キロ持てる?

 原作:サンドロビッチ・ヤバ子

 作画:MAAM

出版社:小学館

発売日:最新刊(5巻)2018年10月19日

    次巻(6巻)2019年4月27日予定

 値段:552円(税別)

 

www.urasunday.com

 

1巻は2016年12月19日に発売され、”筋トレコメディー”という新ジャンルを確立し、今もなお中毒者を増やし続ける漫画です。

 

 

どんな話なの?

食べることが大好きな女子高生”紗倉ひびき”は、友人の一言をきっかけに「ダイエット」をしようと決意し、スポーツジムに通い始めます。

 

そこには、同級生の女子がいたり、爽やかイケメンだけどすぐに服が破けるインストラクター、学校の先生など色々なキャストが入り乱れます。

 

その中で理想の体型を目指し、日々奮闘する主人公たちの姿が描かれています。真面目だけど、ギャグあり、時折サービスカットもありと一冊のボリューム感がすごい作品となっています。

 

見どころは?

まずはこちらをどうぞ!

1.可愛い絵が好き

2.ダイエットしたい

3.ジムに行っても何をすれば良いかわからない

4.筋肉をつけたい

 こんな方々に読んでいただきたい作品となります。

そして本作の見どころは3つです!

 

 

ハイクオリティな絵

皆さんも漫画を読むときに、真っ先に目に入るのが絵だと思います。キャラクターです。本作の見どころとしてまず絵が非常にうまく、キャラクターがかわいいという点です。ですが、これだけだと男性よりの感想になってしまうので、別の角度からも…。

 

キャラクターのほかにも、この漫画のキーとなってくるのが、レーニング機材です。ダンベルやトレッドミルなど、私は普段から医療関係で働いているため、よく目にするのですが、これもまたクオリティが高い!!

 

レーニング場面でも詳しい機材の使い方も載っており、とても参考になります。

 

 

ギャグセンス◎

次に圧倒的ギャグセンスです。この漫画では基本、筋肉人の身体でのボケが多いのですが、そのレパートリーの豊富さ、クオリティの高さは異常ですw

 

絵も昔懐かしい感じのタッチに変わったり、キャラクターの個性を出すのも上手です。また、かなりスパンが短めで来るため、終始笑いながら見ておりました。

 

 

具体的な筋肉、トレーニングメニュー

これが、この漫画一番のウリであると思います。

具体的な筋肉名部位が出てきており、どこの部位に対してアプローチしたいのかがわかりやすいです。また、サービスカットで薄れてしまうかもしれませんが、トレーニングメニューも詳しく載っており、手順注意点回数なども書いています。

 

実際、「ダイエットしたい」「筋肉をつけたい」などと思い立っても、どのようにすればよいのか分からなかったり、また雑誌などを参考にしたとしても愛着が湧かず、続かなかったりすることがあると思います。

 

その点この漫画は楽しみながら効果を出したい筋に対して適切にアプローチができます。

 

一漫画として読むだけではもったいない資料となります。

 

 

 実際どうだったの?

  イラスト:★★★★★

ストーリー性:★★★☆☆

   有用性:★★★★★ 変な意味じゃなくねw

   話題性:★★★☆☆

 

ズバリ、

好き嫌いが別れるけど、ためになる!

 

ということです。イラストのタッチやサービスカットもあり敬遠されがちですが、実際は話も面白く、筋トレ、ダイエットのバイブルとしても使えるという、まさに一度に二度おいしい漫画です。

 

この冬にお勧めの漫画ですので、皆さんもぜひ読んでみてください。

 

 

では、また次の記事で~~